しろやま堂スタッフブログ

2016.06.16更新

70代の女性が右膝痛で来院されました、紹介でしたが名古屋から来られたとの事、かなり痛みがあるようで辛そうです、問診でお話を聞きますと、20年前に右膝を捻ってそれから痛みが続いていると言われます、20年以上とは・・・・・実際には最初の怪我がもう治っているのでしょうが、その時から足をかばう癖ができてしまい、徐々に長い年月を得て膝が本当の悪い状態になったものと思われます、患者さんに良く身体の使い方を説明しましたが、①お風呂に入る時、②ズボンを履く時、③階段やエスカレーターに乗る時 これらが全て右足からでした、と言う事は普段から左足に体重をかけているのが得意なんです、これらの癖は親から教えてもらいませんし、自分がしやすい方を一生涯に渡りしていますから、一番身体の癖がでるのです、そして何でも右足から動作をする人の特徴は、循環器と呼吸器が弱く、大食漢で直ぐ切れやすいく、一人が好きで、子供の時に一人遊びをした方に多いのが特徴です、これらをユーモアを交えて説明すると、全ての性格がどんぴしゃでした、という訳でこの方に処方した体操は RO型を指導させて頂きました、このRO型は基本的に、足は右足が悪くなり易く、喘息か心臓病を持っていてイライラがあり、生理痛もあるという人の体操となります、それでも最初の内は体操によって痛みをとるのが辛い方が多いので、私が直接、左右の股関節周りをしっかりとほぐしていきます、これがその場で痛みや膝の水が無くなるので、患者さんは皆感激して帰られます、それだけ左右の股関節が担っている身体の動きは本当に大事なんですよ、患者さんもルンルンでお帰りになられました、169種類の中からのオーダー的な体操指導ですから頑張りましょう、一緒に治していきますからね!

股関節調整

投稿者: 有限会社城山接骨院

  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook