しろやま堂スタッフブログ

2012.10.31更新

腰椎脊柱管狭窄症で来院された女性ですが、2年前に狭窄症が発症してから、右手親指のばね指、左足全面のシビレと腰から下の脱力感、子宮筋腫の手術、が次々と起きて、身体全体に自信が持てないとの事です、良く診ますと左股関節の外旋外転度(がに股)度が大きく、その結果上半身は反対側に症状がでます、右手の腱鞘炎や右肩の周囲炎、右眼の病気などなど、これらを治すのは今の医療では一つ一つの診療科を渡り歩かなければなりません、ですが、股関節と骨盤のバランスを一緒にセットにして治していけば、それぞれの症状が少しづつ回復に向かっていきますので、一つお治療でいいのです、先ずこの女性にする治療は、左右の股関節のバランスをなおし、骨盤を治し、まっすぐに立てるようにすることから始めます、ただそれだけを実行するだけで、シ種々の症状が回復していきます。

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.31更新

最近紹介で来院された交通事故の患者さんですが、かなり症状がひどく、大変でしたが、二週間の治療でかなり改善されました、信号で停車中に後方よりトラックに追突されて首、背中、腰を負傷しました、負傷後10日間程度はあまり症状が出ていませんでしたが、10日位から、めまい、耳鳴り、頭痛、頭重、吐き気が出始めました、腰については力が入らず、良く言うところの腰砕けのようにシャガンデしまいます、左股関節のずれが大きい為に、骨格としての支えが無く、周囲の筋肉で何とかしようとしているためです、筋肉や靭帯は身体を支えるためでなく、骨格の補助として使わなければならないんです、左右の股関節のバランスを正したら、骨盤を初めて支える事ができ、その場で骨盤が水平となり、脊柱が元通り、腰砕けもその場で治りました、むち打ちの方はまだ症状がありますが、当院の目標である、どんなひどい症状でも三か月以内に完治させることに技能を総動員させてみます、経過をまた報告いたします。
 
 

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.30更新

ブログの内容を探していましたら、本日斜視の患者さんが見えられましたので、斜視について骨格とバランスから説明をします、斜視の原因の多くは、頚椎にあります、頚椎に異常があると斜視になります、治療は頚椎の調整と股関節のバランスを取る事ですが、小さい子では、遠視が原因でなる場合があり、区分けがとても難しい、遠視は近くのものを見る時に極端に目に力を入れてしますので、「子供は目が痛い痛い」と泣き出します、通常の斜視では手術での調整が主体ですが、調節性斜視の場合はメガネで調整ができます、親が自分の子供が斜視かどうかを調べるには、両目頭をつまんで引っ張って、眼が寄っていなければ安心です。バランスから言うと、右眼の斜視の場合は同側の足が短く、反対の足が長い状態なのでお腹が弱い子は右眼が斜視になります、左目の斜視の場合は同側の左足が短いので、右眼が長いので、循環器、呼吸器の弱い子は左足が斜視になります、左右の股関節の調整で治していきますので、時間はかかりますが、手術やメガネをかけずに治していきますfoot

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.30更新

交通事故でむち打ちになり右手にシビレが出ています、病院でレントゲンを撮ってもらいましたが、異常が無いと言われました、むち打ちの症状もありますが、あなたはストレートネックがあるので、そちらの方が気になりますと言われたそうです。ストレートネックも実際治りずらいので一生治らないから、上手く付き合って行きなさいと言われたそうです、ストレートネックの治療方法は、第一に頚椎が硬いので首の骨を柔らかくほぐす事と左右の股関節を矯正して、骨盤がしっかりとすれば頚椎の湾曲度が出て来ますので安です、後は自分でできる体操方法を指導しますのでしっかりと実行してくださいね❗

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.30更新

理想の身体とはどういう状態を言うのか考えた事はありますか?どんなに使っても負担にならない身体ですか?それとも力強く何でもできる鋼のような身体ですか? 人間の身体は、言い換えれば生物と同じです。つかえばつかれるし、使い過ぎれば痛みやシビレが出てきます、年齢が若いと症状が出づらいですが、ちゃんと疲労は溜まっています、身体の性能はこの疲れがどれだけの短い時間で回復するかだと私は思います。徐々に疲れが取れずらくなってきますので、一日の終わりにしっかりと硬くなった筋肉をストレッチで伸ばしておいて、後の取れなかった疲れを睡眠で取れば良いのです。これさえ忘れずに実行すれば、年齢なんて関係無く、若い人とも付き合えるのです、私の治療院では、まず電気療法とマッサージで疲れを取り、礒谷療法で一日で疲れが取れる身体を作っていきます、不死身の身体は作れないですか、性能の良いup身体は作れますので、頑張って通ってくださいね❗

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.29更新

デスクワークでの机の備品の配置は、仕事の効率を上げる上で、一人一人並べ方が違います、これらの並べ方にも、身体との関係があります。いつも右を向いて仕事をしやすい方は、お腹が弱く、パソコンなども、右斜め前におくと仕事が進みます、反対にいつも左を向いて仕事をする人は、気管支が弱いのでバランスなども向かって左に配置すると仕事が進みます、身体のバランスが取れると、備品の配置が正面にした方が仕事がはかどるようになりますので、体直しはとても大事なんですよ❗

 


 

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.29更新

階段の昇り降りと身体の歪みは関係があります、階段の登りはじめが左足からのぼり、降りる時も左足から降りる人は、消化器、婦人科、泌尿器に影響がある人です、そして自然に階段でもキチンと右側通行ができています、反対に右足から階段を登る人で、降りる時も右足から降りる人は、循環器、呼吸器に影響がある人です、そして階段では迷惑な左側通行が安心しますので、人の迷惑を考えなく登ってしまします、あなたはどちらのタイプですか?身体のバランスを正せば、左右バランス良く身体が使えるようになります❗

 


 

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.28更新

ぎっくり腰、聞いたこと皆さんありますよね、どんな時に起きましたか? 重いものを持った時や無理な姿勢から動いた時などではないでしょうか?実は姿勢や原因は関係ないんですよ、実際にぎっくり腰を起こした人の中には、顔を洗おうと両手で水をすくっただけでなった人もいます、振り向いただけでなる人も・・・・ぎっくり腰を起こす人たちの共通点は、疲労です、いつぎっくり腰を起こしてもいいくらいに、疲れが溜まっているのです、それがたまたま、簡単で何でもないような動作で疲労が一杯一杯になって起こすのです、人間の身体は生ものと同じです、使えば疲れますし、使いすぎれば痛みやしびれになります、これを一日の終わりにしっかりと、ストレッチをして使って硬くなった筋肉を治してから寝るのです、健康のメンテナンスですよ! 頑張って毎日毎日使いっぱなしでなく、きちんとメンテナンスして下さいね、しろやま堂でも指導していますのでご相談下さいねhappy01
 

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.28更新

 ぎっくり腰を習慣的に発症する人がいられます、どうして何度も起こすのか?良く癖になると言いますが、実際にはしっかりと治し切っていない状態で無理をし、疲れが溜まった時に再度、ギクッとしてしまう人が多いです、ぎっくり腰を3度すると、椎間板へリニアになると言われています、これはその通りだと私は思います、ぎっくり腰と椎間板ヘルニアも原因はとても似ています、左右の仙腸関節がずれて、股関節もズレて、筋肉も痛みます、その状態で安静いしていると、処置をしなくても一週間程度で歩けるようになるので、治し切らないうちに再度、身体を使ってしない、負担をかけてしまします、一日の仕事が終わったらしっかりと、ズレテしまった骨格を治し、硬くなった筋肉をストレッチで伸ばしてから休む事、これが一番大事です、ぎっくり腰も椎間板ヘルニアもメンテナンス不足が最大の原因なんですよhappy01

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.10.28更新

昔、一時期に、ゴルフのプレー中いにポックリと心臓発作を起こす方が急増した時期がありました、巷では久しぶりに身体を動かした事が原因であり、プレー中にキャラメルを3粒程度、なめながらプレーすると突然死を防げると言われてきました、果たして本当にそうでしょうか?礒谷療法で考えますと、殆どの方が、右打ちなので、スイングするたびに右股関節が外旋外転し、右足が徐々に長くなり、心臓に負担が掛かっている状態で、グリーン上のパットの時にの緊張感が加わり、心臓の発作が起こるものと考えます、予防法としては、自分が撃った後に、他のプレーヤーの邪魔にならないように、隅の方で、反対方向のスイングをすれば、左右の股関節のバランスが保たれて身体のバランスが開封し、突然死が防げるのです、誰でも出来ますので是非、実行してみてくださいねgolf

 

投稿者: 有限会社城山接骨院

前へ
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook