よくある質問Q&A

2013.02.17更新

ご質問をメールでありましたので名前を伏せて載せさせていただきます。

(患者様)

内容  :  初めまして。
右足裏の扁平足に痛みが生じてしまい。歩く事は出来るのですが、ビッコを引いている状態です。前々から痛かったのですが、3日前のジョギング中に急に激痛がし、走れなくなりました。
左足に比べると右足の方が外販ぼしが強いです。

(私からのお返事です)

00様、ご質問ありがとうございます。
お返事が遅くなりすみません。

早速、考えられることをお話しいたします、右足裏が以前より痛かったが、ジョギングしていて歩けないくらい痛みが出たこと、右足のは外反拇指が左よりひどいことから、考えると、循環器、呼吸器系が弱いものと思われます、風邪をひくと喉が腫れませんか?  右足裏の痛みは体重が乗りずらかったのが原因で、それを知らず知らず毎日していて、足底腱の軽い肉離れに近い状謡になったものと思われます、右足の外反拇指は右足の甲が硬い為におこります、足の甲が柔らかくなれば治りますし、足裏の痛みも治ります、ですが、今現在、足裏に痛みがある為にこれを治さなければいけませんので、添付資料の靴やスリッパを足裏でゆっくりと体重をかけていって行うストレッチを教えます、力で靴を踏むのでなく、少しづつジワリジワリと体重を乗せる感覚です、これを一日に気が付く範囲で行うと、2~3日もあれば足底腱の肉離れが治ると思います、その後は、膝屈伸体操という資料をみて、予防医学としてじっくして行って下さい、筋肉の癖がつく為に、二か月程度はするようでしょう、右足に体重が今よりも掛かるようにしておかないと、足の甲に疲れが溜まるとまた再発しますので、痛みの出ない身体にする為に実行してください。また何かあれば質問してください。


                しろやま堂 城山接骨院  院長  八木 雅之

投稿者: 有限会社城山接骨院

SEARCH

CATEGORY

  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook