患者様の声

2012.09.21更新





この方は半月板の損傷で、長年悩んで入られていたのですが、仕事が介護ヘルパーで、中腰で足腰に力を入れて仕事をしておられます、仕事中に良く、ロッキング現象(膝がひっかかってしまい動かなくなる事)を起こし膝痛においての激痛に耐える日々を過ごしておりました、実際には半月板損傷は半月板に直接の痛みは出ていないケースが多く、この事は膝の痛みの原因は損傷した半月板には直接、関係は無いと言う事になります、しろやま堂では、半月板損傷の場合、その周囲の靭帯や筋肉をしっかりとほぐし、左右の股関節の矯正とストレッチの指導によって改善させていきます。再度ロッキングが起きた時の対処法も指導していきますので、安心して治療を受けてください。
 

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.09.12更新

自宅で大きな石を持ち上げた時より、だんだんと腰が痛くなり始め、翌日には右足の付け根から踵「かかと」まで電気が走っているように痛みが出始めました。
近所の病院に行くと「腰が悪い」と言われ、腰の牽引をしてもらいました。
ですが、家に帰るとかえって激痛となり動けなくなってしまい、今度は大学病院に行き検査を受けました。

そこでは狭窄症と診断され、注射と痛み止めの薬をもらい、毎日毎日、腰痛と神経痛との我慢比べでした。
あまりにも長期間辛そうにしている私を見かねて、知人が(しろやま堂に行ってみたら)と紹介されて通い始めました。
身体の仕組みとバランスを説明されて自分の身体の使い方の癖が原因で起きた事を心から納得しました。
約1ヵ月間は毎日通院しましたが、最初の治療で足の付け根の痛みが治り、次第に太ももの裏の痛み、そして最後に踵「かかと」の痛みも無くなりました。

いまではゴルフもできる様になりましたが、私は右打ちが禁止との事で、左打ちに変えています。
最初は長年してきた動きの方向なので、ギコチなかったのですが、いまでは今までで一番スコアが良いです。
これからは先生の言われている予防医学として実践していこうと思っています。

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.09.12更新

僕がしろやま堂に通い始めたのは今から15年位前の幼稚園の年中の時でした。大学病院で股関節の「ぺルテス病」と言われ手術の日まで決まっていました。親と一緒に悩んでいた時に、親の友人の方にしろやま堂を紹介されて、通うようになりました。
この方の子供も、僕と同じぺルテス病でしろやま堂でびっこを治してもらい、今ではアイスホッケーをしているとの事でした。最初のうちは一週間に2回程度で1年間くらい通いました。

小学校に入ってからは月に3~4回程度通いながら、中学、高校では野球部に入って活動しました。
その時分も練習が過ぎると股関節に違和感や痛みが出ましたが、しろやま堂に通って痛みをとってもらっていました。今、高校三年ですが、殆ど痛みもなく、びっこもほとんど解らなくなっています。
来年は大学進学を考えていて、又、野球部に入ろうと思っています。
これからも自分でできる事をしていきながら大好きな野球を続けていこうと思います。

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.09.12更新

18歳の時に脚気と診断され身体がだるく、足が重苦しくてどうしようもなく長い間、足を引きづって歩いていました。
このころから便秘で苦しんだり、靴も踵が極端に減ってすぐに穴があいていました。
成人してからは子宮外妊娠で手術を受けたりして体調は最悪でした。
25歳くらいになって右手にしびれが出てきて、病院で診てもらったら頚椎ヘルニアなので、様子を見てひどくなるようでしたら手術をしましょうと言われてしましました。

本当に身体の全てに自信がもてなくなり、悩んでいたところ、知人の方から、しろやま堂を紹介されてかかってみました。
私の今までの病歴の原因が左股関節の外旋外転が原因である事、靴が片減るのは、足癖が悪いのではなく、股関節が悪いんだという事がわかり、涙が自然にでてきて、やっと安心しました。
それからは一ヶ月間は毎日通い、自分で症状の治し方を教わりながら、半年になりますが、いまでは殆ど症状が消えています、精神的にも元気になった気がしています。

これからも教わりました体操をしっかりとして行こうとおもっています。

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.09.12更新

交通事故が原因で三か月前にムチ打ち症になってしまい、救急車で病院に運ばれました。
2週間の入院、その後、通いで2週間通っていますが、頭の重さと頭痛、吐き気が取れませんでした。
病院の先生に相談しても「少し残ってしまうかもしれない」と不安な返事をもらいました。
保険会社の方からも、「車の損傷が軽いのに、こんなに治療期間がかかるのはおかしい、今月で保険を切ります」と脅かされたこともあり、精神的にも肉体的にもズタズタでした。

友達の紹介で、しろやま堂に通い始めましたら、保険会社と直接話をしてもらったりで、治療期間を伸ばすことができました。
お蔭でしっかりと治療を受ける事ができ、ほとんど症状が改善してきていますし、根本原因である股関節の原因も治す事ができました。親切丁寧な先生で良かったです。

投稿者: 有限会社城山接骨院

2012.09.12更新

昨年より原因不明の胃腸障害になってしまい、大学病院でも針灸でも全然症状が改善されませんでした。
大学病院の先生が言われるには、自律神経からのものですから、薬を服薬しながら経過を見てまた来院してくださいと言われました。
薬を飲んでも胃腸の症状(気持ち悪くご飯が食べれず)が治らず、一日中、寝ている状態でした。
以前に気持ち悪くてしょうがない時に、治療に伺ったのを思い出し、しろやま堂へ行ってみました。

治療開始早々、「右股関節が開きすぎていて、それで、左股関節が中に入ってしまい、骨盤がねじれて胃腸が悪いんですね!」と教えていただきました。
左右の股関節と骨盤を治してもらうと、今までの気持ち悪さが半分になりました。そして漢方のすごい先生を知っているので私のところの治療と併用したらどうですか?と教えていただき早速、薬局へ行きました。
約一週間でほとんどの症状は消失して、ご飯も毎日食べれるようになってきました。

この間、先生が「やっとお化粧できる余裕ができましたね!」だって、良く先生は見ているんですね、信頼していますのでもっと通います。

投稿者: 有限会社城山接骨院

  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook