股関節調整

人間の土台を正すことで、体の隅々まで良い効果が波及

股関節とは

股関節は脚の付け根の部分にあり、骨盤と大腿骨をつないでいる関節です。
「立つ」「座る」「歩く」「走る」といった人間が日常生活を送る上での基本的な動作を可能にしてくれます。

股関節がなぜ重要?

股関節は体の中心にあり、また関節の中で最も大きいため、バランスが崩れると体に大きな影響を与えます。一流のアスリートも股関節の重要性を理解しており、入念にストレッチを行うなどして大切にしています。
「股関節が正常」というのは、骨頭と骨軸の角度が126度で開いている状態です。この角度が変わることで内股やがに股になり、結果、左右の脚の長さが変わります。脚のずれは最長で±2.5センチにもなります。

股関節調整の効果

股関節の歪みを正すと、連結する骨盤の歪みが正されます。そうすると、今度は骨盤につながる背骨が真っ直ぐになります。腰や首など体の痛みは背骨の歪みが原因であることが多いですから、歪みが解消されることで痛みの軽減も見込めます。
つまり、股関節は人間の土台で、その土台を直すことで体の端々に良い効果が波及していくのです。
接骨院では「骨盤矯正」を行うことが多いのですが、痛みの原因は骨盤ではなく、股関節。股関節を調整することは本当の原因にアプローチすることなのです。

全身の血行の改善にも有効

下半身は心臓から遠いため、O脚やX脚など脚に異常がある人ほど血行が悪くなりがちです。股関節には、下半身で一番太い血管である大腿動脈が通っているため、矯正することによりこの動脈を中心に血行が良くなります。心臓から下に流すのは重力が作用するため楽ですから、下半身から心臓に送る力が増すと、体全身の血液の循環が良くなるのです。

施術の方法

股関節には知覚神経が通っていないため矯正時に痛みを感じにくく、基本的には無痛で施術を受けられます。少し痛みがあるのではと思う患者さんが多いのでしょうか。「え、それくらいなの」と驚かれる方が多いです。
股関節の調整に10秒程度、後は筋肉の調整で全体の治療時間はおよそ30分間です。
その治療内容は先ず、あお向けの状態になってもらい、左右の脚を持ち上げて股関節の歪みを正す施術を行います。このときに骨盤を正す施術も行います。
調整が終わった後は、正常な状態を固定するために、腰の下にまくらを入れて、脚をひもで縛って10分間、維持してもらいます。最後に、良い状態を保つための体操を教えます。

  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook