びっこ改善

びっこから巻き爪まで。脚のいろんな悩みを解消

びっことは

「片方の脚に障害があって、歩くときに左右が揃わないこと」。辞書に載っているびっこの正しい意味ですが、当院では広く「脚が正常ではない人」という意味で使っています。
脚が正常でないとは、脚を引きずるようにするなど一般的な歩き方ではないことのほか、かかとやつま先など靴のある方向がすり減りやすい人、足の親指が付け根から人差し指の方に曲がる外反母趾や足の裏が平になっている偏平足に悩む人、巻き爪の人などです。

※「びっこ」を差別用語だと感じた方がいましたらごめんなさい。当院ではわかりやすくするためにこの表現を使っており、そのような意図はございません。ご容赦ください。

びっこの改善法と効果

股関節調整と体操を併用することで改善をめざします。
施術によるさまざまな症状が緩和され、以前よりも長い距離を楽に歩けるようになります。びっこでは下半身の血行が悪いので疲れやすくなりますが、改善することで血行が良くなって下半身がぽかぽかと温かくなります。歩くのに費やすエネルギーを最小限に抑えられるので疲れにくくなるのです。

漢方医学をベースとしたアドバイスも

私は礒谷療法所に勤めた後、救心製薬の相談役を務めたこともある故・藤本肇先生に4年間師事して、漢方医学について教えてもらいました。藤本先生は著名な漢方家だった荒木朴庵先生の最後の弟子としても知られています。
先生から学んだことをもとに、食事や生活の仕方についても患者さんにアドバイスしています。

  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook