当院の特徴

真の原因追究治療で身も心も健康に。自己管理法も学べる

礒谷療法をベースに重心計で実証

私は東京都中野区の「礒谷療法所」で礒谷療法という治療法を学んだ後に開業しました。
礒谷療法は股関節の調整と体操による自己管理を重視したものです。当院の施術はこの礒谷療法をベースに、重心計という機器を使いながら進めていくことが大きな特徴です。
重心計は足のどの部分に重心がかかっているかを測れるため、施術や体操を通してどれだけ脚のバランスが正常になっているかを数字で確かめることができます。
接骨院は医療機関とは違い、レントゲンの撮影などができないため、患者さん自身が客観的に問題点や効果を把握することが難しいです。重心計を使って「見える化」をすることで、礒谷療法の効果を実証できます。
患者さんにも納得してもらいやすく、来院の度に身体が軽くなっていくのでモチベーションも上がります。

真の原因追究治療

当院では礒谷療法にならい、股関節を正す施術を重視しています。股関節の歪みを正すと股関節につながる骨盤や背骨がまっすぐになり、背骨がねじれることで生じる体の痛みが和らぎます。つまり、股関節が痛みの原因であり、股関節を調整することが真の意味での原因追究治療なのです。骨盤矯正を「原因から改善する施術」とうたう接骨院がありますが、当院では股関節をそれだと考えています。

痛みが起こるメカニズム

背骨が横に歪むのを側弯症と言い、また前方、後方に歪むのをそれぞれ前弯症、後弯症と言います。側弯症と前弯・後弯症のいずれかの2つが重なると背骨が「歪み」から「ねじれ」になり、神経を圧迫してヘルニアや神経痛などの原因となります。2つの症状を改善するか、両方の改善が難しい場合はどちらか一方を正すことで症状の軽減が期待できます。

痛み方、治り方はつながっている

筋肉のこりがひどくなることで痛みが生まれ、痛みがひどくなるとしびれになり、しびれが悪化すると麻痺状態になります。治るときは、麻痺からしびれ、痛みというようにこの逆をたどります。体の仕組み、症状の起き方、治り方はすべてつながっているのです。
だからこそ、体の土台である股関節を調整することが大事なのです。

自分で治せるようになる

当院では施術のときに股関節を調整した後、患者さんが自分で手軽にできる体操を教えています。この体操は体の歪みを正す治療であることに加え、良い状態の維持や再発防止、予防の効果も見込めます。私が施術したり、アドバイスしたりできるのはほんの短い間。患者さんが体操を行うことで、自分で自分の健康を守れるようになってほしいのです。
体操に習熟すると、家族や友人にも教えることができます。そうやって健康の輪を広げてくれると、当院としてはこれほどの喜びはありません。

意欲的になり、心も健康に

当院の施術や自分で行う体操で体の悩みが解消されることにより、心も健康になります。
びっこの方は座った状態から立ち、第一歩を踏み出すのに大きなエネルギーを使いますが、すっと脚が出るようになり、歩幅が広くなって歩くペースも速くなるため、積極的に外に出るようになります。長く通われているおばあちゃんは髪にメッシュを入れておしゃれを楽しんでいますよ。

  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook
  • 城山接骨院 オフィシャルサイト
  • しろやま堂 スタッフブログ
  • しろやま堂 城山接骨院 Facebook